外科・小児外科

スタッフ紹介

教授
  • 堀口明彦

    <専門分野>
    肝胆膵外科
    <専門医>
    日本外科学会(指導医・専門医)、日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医、日本消化器外科学会(指導医、専門医、消化器がん外科治療認定医)、日本胆道学会(認定指導医)、日本外科系連合学会フェロー、日本膵臓学会認定指導医

  • 冨重博一

    <専門分野>
    小児外科
    <専門医>
    日本外科学会(専門医)、日本小児外科学会(指導医・専門医)

准教授
  • 川辺則彦

    <専門分野>
    消化管外科(上部)
    <専門医>
    日本外科学会(指導医・専門医)、高圧酸素治療専門医、日本消化器外科学会認定医、消化器がん治療専門医

講師
  • 永田英俊

    <専門分野>
    血管外科
    <専門医>
    日本外科学会(専門医)、日本脈管学会(脈管専門医)

  • 浅野之夫

    <専門分野>
    肝胆膵外科
    <専門医>
    日本外科学会(専門医・指導医)、日本消化器外科学会(専門医・消化器がん外科治療認定医)

  • 荒川敏

    <専門分野>
    消化管外科(下部)
    <専門医>
    日本外科学会(専門医)、大腸肛門病学会(専門医)、日本消化器外科学会専門医(消化器がん外科治療認定医)、がん治療認定医、ストマ認定士

  • 林千紘

    <専門分野>
    一般外科
    <専門医>
    日本外科学会(専門医)

  • 志村正博

    <専門分野>
    肝胆膵外科
    <専門医>
    日本外科学会(専門医)

  • 近藤ゆか

    <専門分野>
    血管外科
    <専門医>
    日本外科学会(指導医・専門医)、日本脈管学会(脈管専門医)、心臓血管外科(指導医・専門医)、腹部ステントグラフ指導医

助教
  • 神尾健士郎

    <専門分野>
    一般外科

  • 古田晋平

    <専門分野>
    一般外科
    <専門医>
    日本外科学会(専門医)

  • 安岡宏展

    <専門分野>
    一般外科
    <専門医>
    日本外科学会(専門医)

  • 河合永季

    <専門分野>
    一般外科

助手
  • 東口貴彦

    <専門分野>
    一般外科

診療科所属長よりメッセージ

2016年4月から総合外科・膵臓外科学教室は藤田医科大学豊明校から藤田医科大学ばんたね病院に移動し、それに伴い、講座名が新たに消化器外科学講座になりました。スタッフは主任教授1名、教授(小児外科)1名、准教授1名、講師6名、助教4名、助手1名、から構成されています。肝胆膵疾患の高度先進医療による外科的治療を中心に消化器疾患、小児外科疾患、血管外科疾患と幅広く診療を行っております。また、治療方針についてセカンドオピニオン外来も行っております。患者さんにわかり易く、最も効率的な治療につき丁寧にお話しいたします。

診療科の特色

スタッフがそれぞれ専門領域をもち、患者さんの治療に対応しています。特に、膵臓領域では膵良性疾患あるいは低悪性度の疾患に対しては、従来、膵頭十二指腸切除術や脾合併膵体尾部切除術などが行われていましたが、当科では、残せる臓器は残す、膵臓も残せる膵は可及的に温存するという考えのもと、根治性を考慮した膵縮小手術を積極的に取り組んでいます。従来の膵切除後には高頻度に術後糖尿病、消化吸収障害などが発生することがありますが、縮小手術により、患者さんの術後QOLは改善できます。また、当科は低侵襲治療にも対応しており、特に腹腔鏡下手術は患者さんにとって低侵襲であり、術後の入院期間が短縮できます。縮小手術と低侵襲手術を組み合わせた、過不足のない患者さんに最もメリットのあるオーダーメード手術を行っております。進行膵癌、胆嚢癌、胆管癌、乳頭部癌に対しても、積極的に癌を残さない手術を目指しております。術前に抗がん剤治療をおこなってから手術を行う方法、手術後に補助的に抗がん剤を行う方法、抗がん剤と放射線療法を行う方法など、進行度により、患者さんひとりひとりに最も適切な治療を提供しています。胆石症は年間約150例であり、腹腔鏡により手術を行っています。臍の穴1つから胆嚢摘出をおこなうことにより、腹部の傷がほとんど目立たない単孔式胆摘術もおこなっています。胃癌・大腸癌に対しても患者さんにとって最も効率の良い、体に優しい手術である腹腔鏡下手術を積極的に行っています。
一般外科領域の鼠径ヘルニア、急性虫垂炎なども腹腔鏡下手術を中心にいろんなオプションを備えております。