呼吸器内科

スタッフ紹介

副院長 教授
  • 堀口高彦

    (専門:呼吸器疾患全般、気管支喘息/COPDの病態治療、肺悪性疾患/肺感染症の診断治療、胸水貯留疾患の胸腔鏡検査、院内感染対策)
    日本内科学会(認定内科医、指導医)・日本呼吸器学会(専門医、指導医、代議員)・日本アレルギー学会(専門医、指導医、代議員)・国際喘息学会(幹事)・日本呼吸器内視鏡学会(専門医、指導医、評議員)・日本気管食道科学会(評議員、理事)・日本癌治療認定医機構暫定教育医・インフェクションコントロールドクター(ICD)・日本結核病学会(認定医)

准教授
  • 廣瀨正裕

    (専門:呼吸器疾患全般、気管支喘息/COPDの病態治療、肺悪性腫瘍/肺感染症の診断治療、院内感染対策等)
    日本内科学会(認定内科医、指導医)・日本呼吸器学会(専門医)・日本アレルギー学会(専門医)・日本呼吸器内視鏡学会(専門医)・日本気管食道科学会(評議員)・日本癌治療認定医機構(がん治療認定医)・インフェクションコントロールドクター(ICD)

講師
  • 志賀守

    (専門:呼吸器疾患全般、気管支喘息/COPDの病態治療、肺悪性腫瘍/肺感染症の診断治療、胸水貯留疾患の胸腔鏡検査等)
    日本内科学会(認定内科医、指導医)、呼吸器学会(専門医)

  • 桑原和伸

    (呼吸器疾患全般)・日本内科学会(認定内科医)、日本アレルギー学会(専門医)

助教
  • 加藤圭介

    (呼吸器疾患全般)・日本内科学会(認定内科医)

  • 吉田隆純

    (呼吸器疾患全般)、日本内科学会(認定内科医)

  • 堀口紘輝

    (呼吸器疾患全般)、日本内科学会(認定内科医)

  • 加藤理恵子

    (呼吸器疾患全般)

  • 出口亜里紗

    (呼吸器疾患全般)

  • 横井達佳

    (呼吸器疾患全般)

助手
  • 大野斉毅

    (呼吸器疾患全般)

  • 加藤研一

    (呼吸器疾患全般)

  • 鬼頭雄亮

    (呼吸器疾患全般)

教授紹介

  • 堀口 高彦

    教授

    Takahiko Horiguchi

    堀口 高彦

    専門・実績

    呼吸器内科:呼吸器疾患の的確な診断と個々の患者さんに対する最新、かつ最良の治療の実践を心がけて診療を行っています。特に気管支喘息をはじめとするアレルギー疾患、喫煙関連疾患であるCOPD、肺癌、間質性肺炎、肺感染症などの診断率向上、予防、治療の向上に力を注いでいます。また、各種呼吸器疾患の中でも気管支喘息、COPDの管理と治療についてはその専門施設として、国内・国外から実績が評価されています。また教室を中心とした勉強会・講演会を多数企画し、近隣の医療施設とも連携を図り、信頼の厚い医療を提供できるよう努力しています。
    近年、高齢化社会を迎え、若い患者さまにはすぐ理解できる当たり前の治療でも、ご高齢の患者さまには理解出来なかったり、問題点が多々見受けられます。特に吸入療法という自宅での特殊な治療を要する呼吸器領域においては、高齢者特有の事情を考慮して考える必要があると考えます。吸入薬などの進歩とともに治療の選択肢が拡がる一方、その使用方法は複雑化しており、高齢の患者さまにおいては期待される効果が得られていない場合もあります。当科では、高齢の患者さまの問題点を理解し、なるべく簡便で確実な治療方法へのナビゲーションの確立に力を入れています。
    呼吸器内科医育成のため、卒後教育として
    1. 窒息,喀血,呼吸不全などの救急対応
    2. 認定内科医,総合内科専門医,呼吸器専門医,アレルギー専門医,気管支鏡専門医等の免許取得
    3. 学会発表に積極的に参加
    4. 博士号の取得
    5. 適切な接遇のできる医師の育成等に力を注いでいます。

    アピールポイント

    最新かつ丁寧な医療を提供します。

本教室の特色

本教室は、呼吸器疾患全般・アレルギー疾患をはじめ幅広く内科的疾患の診療・研究を行っています。日常診療においては、気管支ぜん息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断・治療、肺癌の早期発見・内科的治療、胸水貯留疾患における胸腔鏡検査、肺感染症や間質性肺炎などのびまん性肺疾患の診断と治療を主体に行い、国内外の学会に研究成果を発表し、最新で最良の医療を患者さまに選択していただけるように教室員一同、日々努力を続けております。

治りにくい咳や気管支ぜん息には、呼吸機能検査、気道過敏性検査、咳感受性検査、呼気一酸化窒素測定、喀痰中の好酸球検査、Impulse oscillometry(IOS)等の専門的な検査を施行し、最新の知見に基づいた的確な診断を心がけています。また、ぜん息発作の誘因となるアレルゲン(ダニ、ペット、昆虫、カビ、薬物など)に関しては、問診と血液検査などで原因をつきとめ、患者さんが安心して生活できるように尽力致します。

気管支ぜん息の治療は、徹底した吸入指導のもと吸入ステロイド薬を中心として行っており、患者さん向けに吸入指導のDVDを作成し、動画を公開することで吸入手技の啓発活動にも力を入れています。また、一般的な治療を行っても改善の乏しい患者さまに対しては、抗体製剤を使用した抗体療法や、気管支サーモプラスティーを積極的に施行しております。

また、過敏性肺炎やアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA),アレルギー性血管炎など、環境中の吸入抗原によって引き起こされる疾患に対しては、原因の特定のために患者さまの環境を調査し,的確な診断を致します。