病理診断科

スタッフ紹介

教授
  • 稲田 健一

診療科所属長よりメッセージ

当診療科では、患者さんの体のあらゆる部位から採取された組織や細胞を用いてガラス標本を作製し、顕微鏡で観察して病変の有無の検索や疾患の特定を行っています。これを“病理学的診断”といい、組織を対象とする組織診と、細胞を対象とする細胞診に大きく分かれます。具体的には腫瘍性疾患か否か、腫瘍であれば良性か悪性かを含めてどのような種類の腫瘍なのか、あるいは炎症なのか、循環傷害なのかといった分類です。正確な診断がなされて初めて、適切な治療方針を決定することができます。また、腫瘍などの病変の拡がりや治療が適切であったかどうかの判断も行われます。昨年の診断実績は、組織診は約3200例、細胞診は約3600例でした。多くの場合、組織診は1人で行っていますが、難解症例に関しては専門家に標本を送ってみてもらい、意見を聞くこともあります。一方、細胞診では、現在4名いる細胞検査士と一緒にディスカッションしながら診断しています。