眼科

スタッフ紹介

教授
  • 平野 耕治

    <専門分野(疾患)>
    角結膜疾患・アレルギー疾患
    <専門医>
    眼科専門医、同指導医

准教授
  • 島田 佳明

    <専門分野(疾患)>
    網膜硝子体疾患・神経眼科疾患
    <専門医>
    眼科専門医、同指導医

診療科所属長よりメッセージ

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を「五感」と呼び、動物はこれらの感覚で外の情報を感知しています。ヒトにとって情報の8割が視覚からえられていると言われており、日常生活の質の確保には健やかな視覚が欠かせません。
視覚を担う感覚器官である眼を病んだ時、「眼が痛い」「眼が赤い」そして「見えない」という、がまんのしづらい症状に現れると思われがちですが、例えば緑内障や糖尿病網膜症などは静かに忍び寄って、気がついた時には手遅れになってしまっていたということもしばしば経験します。老眼が気になる年齢になったら一度は眼科を受診しておくことが必要でしょう。
当院は大学医学部の関連施設で、眼科も専門性の高い診療を行っていますが、その一方で、地域に根ざした中核病院でもありますので、近隣にお住まいの皆様の健やかな視覚を守ることも私たちの使命と考えております。また、近年増加の傾向にあるアレルギー性の眼疾患に対しては、当院のアレルギーセンターの一翼として診療に当たらせていただいております。
眼科先端医療の提供施設だけでなく、「ばんたねさんの眼科」としてお気軽に当院をご利用いただければ幸いです。

診療科の特色

白内障、緑内障など一般の眼科疾患の他に、角膜疾患など、前眼部疾患を中心に、高血圧、糖尿病など全身疾患の眼底病変で受診される方が多いのが特徴です。角膜、結膜など、前眼部疾患の診療(平野)と、視神経炎、眼瞼けいれんなど神経眼科疾患の診療(島田)は、東海地方では他にない特色なので、多くの患者さんが受診されます。
特に角膜疾患に関しては、ドライアイの診療と合わせて、東海地区の前眼部疾患診療のセンターとして評価をえて、全国から患者さんの紹介をいただいています。また、春季カタル、アトピー性角結膜症など難治性のアレルギー性結膜疾患の診療では、小児科、皮膚科、呼吸器内科、耳鼻咽喉科との連携しながら、当院アレルギーセンターの一翼を担う形で診療に当たらせていただいています。
手術治療としては、白内障、緑内障はもとより、網膜・硝子体疾患については、准教授島田を中心に網膜剥離や増殖型糖尿病網膜症への硝子体手術に取り組んでおり、また、角膜移植術の実績は全国でも有数であり、多様な眼疾患に対応しています。