神経内科

スタッフ紹介

教授
  • 野倉 一也

    <専門分野(疾患)>
    神経内科学・神経眼科学・老年医学・老年精神医学・ボトックス治療
    <専門医>
    日本神経学会専門医、日本内科学会認定医、日本老年医学会老年病専門医、日本脳卒中学会専門医、日本神経眼科学会理事、日本老年精神医学会専門医

助教
  • 加子 哲治

    <専門分野(疾患)>
    神経内科一般
    <専門医>
    日本神経学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本老年医学会老年病専門医

  • 蔵地 万里奈

    <専門分野(疾患)>
    神経内科一般

診療科所属長よりメッセージ

神経内科疾患は、問診とベッドサイドでの簡単な検査で大部分が診断可能です。しかしCT、MRIなどの画像診断と誘発筋電図などの電気生理学的検査、さらに脳脊髄液や血液検査を組み合わせることで脳・脊髄、末梢神経、筋疾患の正確な病名診断に至ります。しかし実は例として脳血管が詰まったとしてもその正確な機序が不明であることがあります。認知症の大多数はアルツハイマーといわれていますがあくまでも可能性が高いというだけのことです。高齢で足下がおぼつかなくなったときにその原因を明らかにすることには限界があります。しかしもし脊髄症があればその後気をつけなければいけないことが分かります。当科では患者さんを診る目として神経内科的のみならず、総合内科的、老年医学的、脊髄末梢神経学的、老年精神医学的、医療福祉政策的などの複眼を有し、しかも決めつけないことをこころがけています。当教室では神経眼科領域に力を注いでおり視神経や眼球運動の異常を生じる疾患を眼科との連携を重んじて診療しています。昨今のガイドラインを参考に、個々の患者さんの背景・現状に基づいた治療を大切にしています。治療としてはボツリヌス毒素療法を、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸、頸部ジストニア、腋窩多汗症に対し積極的に行っています。

診療科の特色

神経内科は筋、末梢神経、脊髄そして脳といった神経系の臓器を扱うのですが、他の臓器にはみられないような変性疾患(いわゆる神経難病)も多数あります。近年の高齢社会では認知症や全身疾患に合併する神経疾患が多く見られるようになりました。神経難病の典型例はパーキンソン病ですが現在は多数の治療薬があります。頭痛、めまい、痺れ、痛み、けいれん、不随意運動(勝手に顔や首などの一部が動いてしまう)なども当科で扱うことが多いのですが、処分の工夫によって少しでも患者さんの生活が楽にできるように努力しています。当教室では稀少な疾患にも対応できる真の神経内科専門医の育成を心がけ、他領域の専門医とのレベルの高いコンサルテーションにより総合的診療を行うことができるようにと考えております。