内分泌・代謝内科

診療科所属長よりメッセージ

糖尿病、肥満症、脂質異常症などの生活習慣病は我が国で急激に増加しており、医療経済上からも大きな問題となっています。しかしながら、当初は無症状のために放置されたり、治療が中途半端なために、後に慢性合併症や動脈硬化性疾患を引き起こし、社会的にも大きな経済損失を与えることになりかねません。そのため、進行してしまった合併症に対する専門的な治療は勿論、できるだけ病初期からの啓発活動、患者教育にも力を入れ、メディカルスタッフとともにチーム医療の実践、病診連携による近隣医療機関との連携に力を入れています。
また、内分泌疾患は、不定愁訴とよばれる非常に一般的な症状から発見されることも多く、専門医による注意深い診療を必要とすることが多い病気です。内分泌・代謝内科では、専門性の高さと幅広い視野とを兼ね備えた医師の育成を通じ、皆さんの健康に寄与できるよう努めております。

診療科の特色

年々増加する糖尿病について薬物療法はもちろん、食事・運動療法はじめ、様々な検査、指導にスタッフ一丸となり取り組むことで患者さんに適切な診断・治療が提供できるよう、専門医資格を有する常勤医3名体制で診療を行っています。他科と連携についても、特に手術に際し血糖コントロールが必要な患者さんに対して適切なコントロールを行うことで安全に手術に臨んでいただき、術後も安定したコントロールで退院していただけるようにすること等、専門性を活かした診療支援体制を構築しています。また、慢性期の適切な疾病管理のために病診連携による近隣医療機関との連携に力を入れています。また、甲状腺疾患、内分泌疾患の診断・治療についても、藤田医科大学病院との密接な協力体制のもと、最適な医療をお届けできるようにとりくんでいます。

専門分野(疾患)

糖尿病、甲状腺、副腎等の内分泌代謝疾患

専門医

日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会専門医
日本内分泌学会専門医
日本甲状腺学会専門医