皮膚科

スタッフ紹介

准教授
  • 秋田浩孝

助教
  • 臼田千穂

教室紹介

近隣の医療機関と連携を取りながら地域基幹病院として、アレルギー、感染症、難治性皮膚疾患(尋常性乾癬、水疱症など)、皮膚腫瘍(良性・悪性とも)、熱傷など幅広い領域の疾患について診療を行なっています。皮膚腫瘍(良性・悪性とも)、熱傷など外科的治療が必要なものに対して積極的に手術を行なっています。
レーザー機器も導入しており、各種あざ、しみ(良性顔面色素斑)についても適応に応じ診療を行なっております。
また当院皮膚科は、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、接触皮膚炎、薬疹をはじめとしたアレルギー皮膚疾患の診療をアレルギーセンターの一科としても担っております。

教室の特色

あざ・顔面色素斑のレーザー治療

色素レーザー(Vビーム2)、Qスイッチルビーレーザー、炭酸ガスレーザーを設置しレーザー外来も行っております。保険診療によるあざのレーザー治療(単純性血管腫、乳児血管腫、毛細血管拡張症、太田母斑、異所性蒙古斑)を主体に行なっていますが、自費診療によるレーザー治療も行っております(老人性色素斑、日光黒子、真皮メラノーシス、その他)。

アレルギー皮膚疾患

アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、接触皮膚炎、薬疹をはじめアレルギー皮膚疾患の診療をアレルギーセンターの一科としても担っております。