循環器内科

スタッフ紹介

病院長・教授
  • 井澤 英夫

    <専門分野(疾患)>
    心不全・心筋症・高血圧
    <専門医>
    総合内科専門医、循環器専門医、高血圧専門医、心臓リハビリテーション認定医

准教授
  • 林 睦晴

    <専門分野(疾患)>
    虚血性心疾患・心不全・高血圧・慢性腎臓病
    <専門医>
    総合内科専門医、循環器専門医、心臓リハビリテーション指導士

講師
  • 加藤 靖周

    <専門分野(疾患)>
    肺高血圧症、心筋症
    <専門医>
    内科認定医、循環器専門医

  • 藤原 稚也

    <専門分野(疾患)>
    虚血性心疾患・下肢閉塞性動脈疾患
    <専門医>
    内科認定医、循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医

  • 奥村 聡

    <専門分野(疾患)>
    循環器疾患全般
    <専門医>
    内科認定医、循環器専門医、日本抗加齢医学会専門医、総合内科専門医

助教
  • 良永 真隆

    <専門分野(疾患)>
    循環器疾患全般
    <専門医>
    内科認定医、日本心血管インターベンション治療学会認定医

  • 石黒 智也

    <専門分野(疾患)>
    循環器疾患全般
    <専門医>
    内科認定医、循環器専門医

  • 山田 亮

    <専門分野(疾患)>
    循環器疾患全般
    <専門医>
    内科認定医、循環器専門医、心臓リハビリテーション指導士、日本心血管インターベンション治療学会認定医

  • 上田 清乃

    <専門分野(疾患)>
    循環器疾患全般
    <専門医>
    内科認定医、循環器専門医

  • 多賀谷 真央

    <専門分野(疾患)>
    循環器疾患全般
    <専門医>
    内科認定医

助手
  • 宮崎 茜

    <専門分野(疾患)>
    循環器疾患全般

  • 丹羽 雄大

    <専門分野(疾患)>
    循環器疾患全般

診療科所属長よりメッセージ

循環器内科外来は毎日複数の循環器内科医師が担当し、循環器系初診患者に対応しています。また紹介状を持参された患者さんは優先的に診察させて頂き、ご紹介下さった先生には必ず報告書をお送りしています。緊急性のない患者さんについては、かかりつけの先生を通して当院のホームページから診療予約システムを介して、あるいは電話やファックスで地域医療連携センターを介して診察時間を事前に予約して頂くことも可能です。
入院は、一人の患者さんを複数の医師で担当するチーム担当医制で診療を行っています。毎週、教授回診や病棟カンファレンスを行い、循環器内科全体として詳細に検査方針や治療方針を検討しています。患者さん一人一人にとって最善の診療方針を検討し、その診療方針は患者さんご本人および家族の方に十分説明し、同意を得た上で検査や治療を行っています。さらに、入院の原因となった循環器疾患の治療のみならず退院後の日常生活がスムーズに行えるよう、心臓リハビリテーションや栄養指導、服薬指導にも、看護スタッフやリハビリスタッフ、薬剤師、栄養士、ケースワーカー等の多職種からなるハートチームで積極的に取り組んでいます。

診療科の特徴

地域の基幹病院として、近隣の医療機関と密な連携を取りながら、各分野の専門スタッフが、循環器疾患全般にわたって専門医療を提供しています。検査機器は、3D心臓超音波断層検査装置や冠動脈疾患を低侵襲で診断可能なマルチスライスCTをはじめ、心臓カテーテル検査装置、心臓同期MRI、経食道心臓超音波検査装置、トレッドミル負荷心電図、ホルター心電図など、医療機器が配備され、侵襲的検査から非侵襲的検査まで充実しています。また、24時間態勢で急性心筋梗塞や急性心不全等、循環器疾患に対応しています。電気生理学的検査やペースメーカー挿入とその外来管理等の不整脈疾患に対する診療も充実しています。

得意分野

急性心筋梗塞・狭心症
急性心筋梗塞、不安定狭心症には24時間態勢で対応しており、緊急カテーテル検査および緊急冠動脈形成術については十分な実績があります。愛知県医師会からは急性心筋梗塞システム医療機関として指定を受けています。さらに再発予防の観点から、心臓リハビリテーションなどの運動療法にも取り組んでいます。また、冠動脈疾患の非侵襲的検査として、3D心臓超音波断層検査、超高速320列マルチスライスCTや心肺同時運動負荷試験 (CPX)、ホルター心電図検査等を患者さんに応じて外来で行っています。
心不全
急性心不全に対しても24時間態勢で対応しています。血行動態の安定化を図るだけではなく、心筋ダメージを極力抑え、長期予後も伸ばせるように心筋保護に心がけた急性期治療を行っています。また、心不全の原因疾患に対しても適切な治療方針を検討し、心不全の再発予防に心がけています。息切れや浮腫があり心不全の鑑別目的に紹介いただいた症例については、当日に、3D心臓超音波断層検査や血中バイオマーカー測定を行い、迅速に診断と治療方針を報告できるように心がけています。