麻酔科

スタッフ紹介

教授
  • 角淵浩央

講師
  • 湯澤則子

助教
  • 川端真仁

  • 伊藤恭史

  • 奥村朋子

教授紹介

  • 安心確実なペインクリニックの確立を目指す

    角淵 浩央

    教授

    Hironaka Tsunobuchi

    角淵 浩央

    専門・実績

    専門:麻酔学一般、ペインクリニック
    略歴:平成4年名古屋大学医学部卒業、平成4-6年中部労災病院、平成6-8年市立四日市病院麻酔科・集中治療室、平成8-9年名古屋大学医学部附属病院麻酔科医員、平成9-12年名古屋大学大学院医学研究科博士課程にて博士号取得、平成13-16年国内の研究機関にて研究員、平成16年名古屋大学医学部麻酔科助手、平成19年名古屋大学医学部附属病院手術部副部長、講師、平成21年名古屋大学医学部附属病院麻酔科講師、平成25年4月より現職

    資格

    • 医学博士(名古屋大学大学院医学研究科課程博士)
    • 麻酔科標榜許可(7348号)
    • 麻酔科指導医・専門医(7386号)

教室の特色

当教室では、手術麻酔を中心とした周術期管理と、痛みの緩和を目的としたペインクリニック診療を行っています。
周術期管理では、術前診察でリスクファクターを早期に発見し、安全な麻酔管理に努めています。また毎日の症例検討と術後回診を通じて、安全で質の高い周術期管理を行っています。手術中は硬膜外麻酔や末梢神経ブロックを積極的に併用し、また必要な症例では手術後に鎮痛薬の持続投与を行い、痛みが少なく回復の早い麻酔の提供に努めています。
ペインクリニックでは、投薬と神経ブロック療法を中心に難治性の慢性の痛みに緩和治療を行っています。神経ブロックではレントゲンや超音波を積極的に活用し、安全で確実な治療に努めています。またリハビリテーション、なども取り入れ、集学的な痛みの治療を行っています。複合性局所疼痛症候群や脊椎術後の残存疼痛などの特に難治性の痛みには脊髄電気刺激療法を施行し良好な痛みの緩和が得られています。外来では、変形性脊椎症や帯状疱疹後神経痛患者さんが多く受診しています。十分な診察時間の確保と待ち時間の短縮のため、原則として予約が必要です。