股関節外来・小児整形外来

金治有彦(整形外科臨床教授、人工関節センター長:火曜日午前外来)が担当
・人工関節センターについてはこちら:人工関節センター | 藤田医科大学 ばんたね病院

金治有彦教授によるスポーツ外傷に関連した股関節の構造と痛みが生じるの原因についての記事がコーチング・クリニックで紹介されました。


▲クリックしてPDFを開く


金治有彦教授による変形性股関節症の最新治療(人工股関節置換術と再生療法)の記事がサンデー毎日で紹介されました


▲クリックしてPDFを開く

対象疾患

成人疾患

変形股関節症、股関節唇損傷、大腿骨頭壊死症、化膿性股関節炎などの炎症性疾患、外傷、femoroacetabular impingement(FAI)、強直性脊椎炎や関節リウマチなど膠原病に伴う股関節症、神経病性関節症(Charcot関節)、スポーツによる股関節障害、鼠径部痛症候群など

小児疾患

先天性股関節脱臼、発育性股関節形成不全や寛骨臼形成不全、ペルテス病、大腿骨頭すべり症などの小児股関節疾患、X脚、O脚などの下肢変形、成長痛など

代表的疾患

変形性股関節症について

 ① 変形性股関節症とは
変形性股関節症は、関節軟骨の変性・摩耗により関節の破壊が生じ、これに対する反応性の骨増殖を特徴とする疾患である。
② 変形性股関節症の原因
変形性股関節症は原疾患が明らかでない一次性股関節症と、原疾患の推定される二次性股関節症に分類できる。本邦では二次性股関節症が全股関節症の約80%を占めており、その原因として発育性股関節形成不全(DDH)や寛骨臼形成不全などの先天性疾患などが知られている。
③ 変形性股関節症の分類
変形性股関節症は、日本整形外科学会の基準により、前期、初期、進行期、末期に分類される。分類は関節裂隙の状態、寛骨臼および骨頭の変化、痛みや歩行障害、股関節の可動域からなされる。その中でも基本となり、股関節痛や可動域制限などの臨床症状と最も関連が高いのは関節裂隙狭小化の程度である。
初期:関節裂隙の狭小化はない
前期:軽度の関節裂隙狭小化を認める。
進行期:関節裂隙狭小化を認める(関節裂隙幅が2mm~寛骨臼と骨頭の部分接触)
末期:関節裂隙が完全に消失し、寛骨臼と骨頭が広範囲に接触

治療アプローチ (特に変形性股関節症)

保存療法

日常生活指導、運動療法、装具療法、関節内注射(ヒアルロン酸注射)、再生療法(APS療法、PRP療法、幹細胞治療))
▶詳しくはこちら:金治先生 | 特集指導者インタビュー | 藤田医科大学 整形外科 

外科的治療

人工股関節手術(関節包靭帯を温存した人工股関節置換術、ナビゲーションシステムを使用した人工股関節置換術)、股関節疾患に関わる低侵襲治療(関節包靭帯を温存した股関節鏡視下手術
▶詳しくはこちら①:金治 有彦 先生|関節包靭帯を切らない、新たなMIS(最小侵襲手術)|第255回 股関節の痛みはあきらめずに受診を! 人工股関節の手術は日々進歩しています|人工関節ドットコム (jinko-kansetsu.com)
▶詳しくはこちら②:金治先生 | 特集指導者インタビュー | 藤田医科大学 整形外科