股関節外来・小児整形外来

変形性股関節症などの股関節疾患や大腿骨近位部骨折などの股関節外傷に対して最適な低侵襲治療を提供

愛知県名古屋市の中心部に位置する藤田医科大学ばんたね病院整形外科 股関節外来・小児整形外来では、幅広い年齢層の患者に安心して受診していただけるように努めてまいります。様々な股関節疾患、股関節周囲外傷、スポーツ障害に対してスタンダードな手術から関節鏡等を用いた低侵襲手術、そして再生医療まで最先端の治療法を取り入れ、病態にあわせた最適な方法を選択しています。

対象疾患

成人疾患

変形股関節症、股関節唇損傷、大腿骨頭壊死症、化膿性股関節炎などの炎症性疾患、外傷、femoroacetabular impingement(FAI)、強直性脊椎炎や関節リウマチなど膠原病に伴う股関節症、神経病性関節症(Charcot関節)、スポーツによる股関節障害、鼠径部痛症候群など

小児疾患

先天性股関節脱臼、発育性股関節形成不全や寛骨臼形成不全、ペルテス病、大腿骨頭すべり症などの小児股関節疾患、X脚、O脚などの下肢変形、成長痛など

代表的疾患

変形性股関節症について

 ① 変形性股関節症とは
変形性股関節症は、関節軟骨の変性・摩耗により関節の破壊が生じ、これに対する反応性の骨増殖を特徴とする疾患である。
② 変形性股関節症の原因
変形性股関節症は原疾患が明らかでない一次性股関節症と、原疾患の推定される二次性股関節症に分類できる。本邦では二次性股関節症が全股関節症の約80%を占めており、その原因として発育性股関節形成不全(DDH)や寛骨臼形成不全などの先天性疾患などが知られている。
③ 変形性股関節症の分類
変形性股関節症は、日本整形外科学会の基準により、前期、初期、進行期、末期に分類される。分類は関節裂隙の状態、寛骨臼および骨頭の変化、痛みや歩行障害、股関節の可動域からなされる。その中でも基本となり、股関節痛や可動域制限などの臨床症状と最も関連が高いのは関節裂隙狭小化の程度である。
初期:関節裂隙の狭小化はない
前期:軽度の関節裂隙狭小化を認める。
進行期:関節裂隙狭小化を認める(関節裂隙幅が2mm~寛骨臼と骨頭の部分接触)
末期:関節裂隙が完全に消失し、寛骨臼と骨頭が広範囲に接触
 ▶変形性股関節症の説明はこちら
 変形性股関節症の症状・診断・治療についてのより詳しい情報は下記のリンクに掲載されておりますのでご興味のある方はバナーをクリックしてご覧ください。

治療アプローチ (特に変形性股関節症)

保存療法

日常生活指導、運動療法、装具療法、関節内注射(ヒアルロン酸注射)、再生療法(PRP療法、PFC-FD療法、APS療法))
▶詳しくはこちら:金治先生 | 特集指導者インタビュー | 藤田医科大学 整形外科 

PFC-FD療法とは
当院では「今は手術できない。もしくはもうしばらくは手術したくない」という考えの患者に、バイオセラピー【PFC-FD療法】をご紹介しております。ご自身の血液から血小板由来の成長因子を抽出し、患部に注入することにより、痛みの緩和や傷ついた部位の機能改善を目指す治療です。ご興味がお有りの方はぜひご相談ください。
 また、【PFC-FD療法】についてのより詳しい情報は下記リンクに掲載されていますので、ご興味のある方はバナーをクリックしてご覧ください。
PRPを応用した技術
PRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)療法とは、患者様自身の血液に含まれる成長因子による修復機能を促進して治癒を目指す再生医療です。 近年、メジャーリーガーなどプロスポーツ選手のケガの治療にPRP療法が行われ話題を集めていますが、一般の方への変形性関節症・腱や筋肉の損傷などに対する治療法としても注目されています。

PFC-FD療法はPRP療法を応用した技術です。患者自身の血液を採取しPRPを抽出してさらに成長因子を豊富に含むPFC-FD(Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry:血小板由来因子濃縮物-凍結真空乾燥)に加工したものを患部に注射します。その結果自己修復機能が促進され、痛みが軽減されたり損傷部が治癒されたりします。

現在ではPFC-FD療法もPRP療法と同様に、関節症・関節周囲の靭帯・軟部組織などの治療に活用が始まっています。

PFC-FD療法の流れ
① 診察の上、約50mlの血液を採取→厳格な管理がなされた加工センターで検査・加工
② 採血から約3週間後、血小板由来の成長因子を患部へ注射

 PFC-FD療法の費用について
1回  200,000円(自由診療)

詳細はスタッフや医師にお尋ねください。

外科的治療

人工股関節手術(関節包靭帯を温存した人工股関節置換術、ナビゲーションシステムや手術支援ロボットを使用した人工股関節置換術)、股関節疾患に関わる低侵襲治療(関節包靭帯を温存した股関節鏡視下手術)、骨切り術(骨盤、大腿骨)

当科で行っているMIS(最小侵襲手術)
関節包靭帯温存手技+最新手術支援ロボット併用の人工股関節置換術について  

藤田医科大学ばんたね病院人工関節センターは米国ジンマー・バイオメット社が開発した人工股関節置換手術支援ロボット「ROSA Hip システム」を藤田医科大学病院とともにアジアで初めて導入しました。2022年10月22日にばんたね病院でアジア初の人工股関節置換術(Rosa Hipを使用したMIS関節包靭帯温存両側同時人工股関節置換術)を実施し、その後の手術でも良好な成績を収めています(※オーストラリアを除く)

 

■手術支援ロボット「ROSA Hip

ROSA Hipシステム」は、人工股関節の股関節側インプラントの設置角度サポートや両脚のバランスのズレを計測し最適なインプラントを選択できる機能など、正確なナビゲーション機能で手術中の執刀医をサポートするのが特長で、これまで術者の経験にゆだねられていたインプラントの設置をロボットがアシストすることによって、より低侵襲で合併症リスクの少ない手術を可能としています。「ROSA Hipシステム」による人工股関節置換手術は保険適応となっています。

                            

 〈ROSA Hipの特長〉

 通常手技に近い感覚で術者の自由度が高く、効率的にロボットのサポートを受けられる

 一方で、経験やイメージではなく数値で示されることで、これまで気づかないような誤差の範囲を数値として可視化。蓄積された数値をフィードバックすることで、より安全・安心な手術が可能。

両脚のバランス差を測定する機能があり、術中の状況を見ながら最適なインプラントの選択が可能。

ナビゲーションやロボットで使われるピンが不要で低侵襲でのオペが可能

インプラントの設置角度を0.5°、0.5mmといった細かい単位で設定できる

一般的な側臥位(横向き)ではなく、仰臥位(仰向け)でアプローチすることによって、最小侵襲手術と呼ばれるMIS法との併用が可能となり、より低侵襲な手術が実現できる

通常、CT撮影での術前計画をX線撮影で実施するため、患者さんの被ばくリスクが軽減

熟練度に関わらず、安全で正確な手術が可能に。技術の平準化が図れる

ROSA Kneeの本体に、人工股関節置換術のシステムをインストールし、ハンドル部分を入れ替えることで、人工股関節置換術のサポート機能を追加することが可能

 

 ■難易度が高い人工股関節置換術

人工股関節置換術は、保存療法を行っても十分な効果が得られない場合や、重度の変形性股関節症および先天性の股関節形成不全の患者さんをなどを対象に、最も多く選択されている治療法です。股関節の損傷している部分を人工股関節に置き換えることで、痛みを取り除き、歩く力を取り戻すことを目的としています。

人工関節がもとの関節のような自然な動きをするには、インプラント(人工関節)を正確な角度で骨盤に設置することが大切です。しかし、一人ひとり顔が違うように関節の形も人によってそれぞれ異なります。そのため、手術は術者の経験によるところが大きく、インプラントの設置角度や筋肉・腱といった軟部組織への侵襲程度などによって患者さんの予後に差が出ることが課題でした。手術支援ロボットは、正確性が担保されることで、術者の熟練度にかかわらず良好な手術成績が期待できます。

 

 ■MIS法+ロボット支援手術でより体への負担が少ない

藤田医科大学整形外科では、MIS(最小侵襲手術)と呼ばれる術式による人工膝・股関節置換術に積極的に取り組んでいます。同術式は、筋肉・靱帯・腱など関節の周辺組織に可能な限りメスを入れず行うため、

・従来の術式と比べて痛みが少なく、回復が早い

・筋肉を切らないため術後早期の脱臼が少ない

・可動域が制限されないため、スポーツへの復帰等も可能

・従来法の約半分ほどの切開で済むため、審美的に優位などのメリットがあります。

一方で同術式は難易度が高く、専門的な知識と高度なテクニックが必要という課題もあります。同術式にロボット支援手術を組み合わせることで、これらの課題を克服し、さらなる低侵襲手術の普及およびそれによる患者さんのQOL向上に貢献していくことをめざします。

 

■健康寿命の延伸に向けて

人工股関節置換術の件数は年々増加傾向にあり、全国で年間約7万例にのぼります。手術を受ける患者さんは若年化しており、より高い術後のQOL向上が求められています。患者さんが術前と変わらない生活を送れるよう、当院では術者の技術向上と並行してロボット支援手術の導入を進め、低侵襲で合併症リスクの少ない手術を実践することで、健康寿命の延伸に寄与していきたいと考えています。

 ▶詳しくはこちら①:金治 有彦 先生|関節包靭帯を切らない、新たなMIS(最小侵襲手術)|第255回 股関節の痛みはあきらめずに受診を! 人工股関節の手術は日々進歩しています|人工関節ドットコム (jinko-kansetsu.com)
▶詳しくはこちら②:金治先生 | 特集指導者インタビュー | 藤田医科大学 整形外科 


当院のTHAで使用しているAR-ナビゲーションシステム(AR Hip)の写真と動画
 
当院のTHAで使用しているポータブルナビゲーションシステム (Hipalign)

金治教授 基本情報

金治有彦(整形外科臨床教授、人工関節センター長:火曜日午前外来)が担当
■人工関節センターについてはこちら:人工関節センター | 藤田医科大学 ばんたね病院
■メディア露出実績
・金治有彦教授が整形外科の名医として紹介されました。

▲クリックして大きく開く

・金治有彦教授によるスポーツ外傷に関連した股関節の構造と痛みが生じるの原因についての記事がコーチング・クリニックで紹介されました。


▲クリックしてPDFを開く


・金治有彦教授による変形性股関節症の最新治療(人工股関節置換術と再生療法)の記事がサンデー毎日で紹介されました。


▲クリックしてPDFを開く


・金治有彦教授による変形性股関節症に関する記事がタウン誌【ローズ】に掲載されました。


▲クリックしてPDFを開く


・金治有彦教授から股関節に痛みのある患者さんに対してメッセージ(動画)があります
「【関節が痛い.com】藤田医科大学ばんたね病院 金治 有彦先生メッセージーYouTube」はこちら


・金治有彦教授の「変形性股関節症の症状や原因、治療方法に関する解説」が関節治療オンラインに掲載されました。詳しくはこちら