人工関節センター

手術後のスムーズな回復へ、リハビリテーションを重視

ひざ・股関節・ひじ・肩などの治療が必要な患者さんのために、ばんたね病院 人工関節センターは、整形外科とリハビリテーション科が密に連携し、手術前からリハビリテーションまで幅広くケアをおこなっています。担当する医師と技師が、段階的な治療計画(クリニカルパス)に沿って、最適なリハビリテーションをおこないます。他院への転院はせず、退院後は自宅からの通院での治療継続が中心です。

人工関節センター センター長:古井 豊士 助教  副センター長:寺田 信樹 教授

対象疾患など

・ひざ:変形性膝関節症
・肩:肩関節症 ★当センターでは「リバース型人工関節置換術」の適用をおこなっています
・股関節やひじの疾患
・関節リウマチ

変形性膝関節症への主なアプローチ

疾患の状態やお身体の状態などを考慮し、最適な治療法を選択します。

◎【人工膝関節全置換術(TKA)】:膝関節全体を人工関節に置き換える、最も基本的な治療法です。
◎【人工膝関節単顆(たんか)置換術(UKA)】:関節の一部のみを人工関節に置き換える、体への負担が少ない方法です。
◎【膝骨切り(こつきり)術】人工関節を入れるのではなく、股関節付近の脛骨を切って治療します。進行状態が中程度までの場合に選択可能な、最も負担が少ない方法です。

手術後の治療計画(クリニカルパス)のイメージ