体に優しい内視鏡治療・手術センター

からだの負担が少ない内視鏡手術(腹腔鏡手術)

従来の開腹手術・開胸手術に比べ、痛みと傷が小さく体への負担が少ない=回復が早く、社会復帰が早いのが特徴の「内視鏡手術(腹腔鏡手術)」。ばんたね病院では、消化器内科、外科、産婦人科、泌尿器科が力を合わせ、がんや腫瘍を含めた幅広い内臓疾患や肥満などに対する“内視鏡を用いた体に優しい治療・手術”をおこなっています。

センター長より

センター長
堀口 明彦 教授
(消化器外科/副院長)

ばんたね病院の内視鏡手術は、肝臓がん・膵がんの腹腔鏡切除、慢性膵炎・膵石症・胆管結石症の治療、婦人科の単孔式手術などを中心に多くの実績があります。特に力を入れているのは、診療科間の連携です。例えば大腸ポリープの小さなものは消化器内科で肛門からの内視鏡切除を試み、難しい場合はすぐに外科がフォローします。対応できる病院が少ない肝臓・膵臓の内視鏡手術など、幅広い臓器の手術をおこないます。

主な対象疾患

消化器内科

胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵がん、膵炎、胆嚢・胆管がん、胆石症

外科

胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵がん、胆石症、脾腫瘍、脾腫、脾臓摘出が必要な血小板減少症、虫垂炎、ソケイヘルニア、肥満手術、下肢静脈瘤、自然気胸

産婦人科

婦人科良性疾患全般(子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症など)

泌尿器科

泌尿器科疾患(腎臓腫瘍、前立腺腫瘍など)

  • EMR(内視鏡的粘膜切除術)

腹腔鏡手術の様子